--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-05-06

TEAM-KAMATAKA∞

お久しぶりです。加川です。
桜の季節も過ぎ、弘前はすっかり夏ですね。
暑いです。皆様いかがお過ごしでしょうか。

新企画のお知らせです。
マップレスお好きな方には夢の(?)組み合わせと言ってもいいのではないでしょうか。

はいどーん!

TEAM-KAMATAKA∞ 旗揚げ失敗公演
『Triangulum』
5月23日(土) 開演14:00、開場30分前
会場:弘前大学創立50周年記念会館 みちのくホール
全席自由・入場無料

脚本・演出:八木大地、高岡秀伍、鎌田龍
出演:八木大地、高岡秀伍、鎌田龍、他


でーす!
ちなみに、「かまたかエイト」と読みます。
KAMA(鎌田)TAKA(高岡)∞(エイト→8→八木)
となっております。

どうですこの組み合わせ。
派手で勢いあるお芝居、だがしかしちゃんと落としどころのある国語科クオリティの八木。
コメディタッチで独自の世界観を見せつける、こちらも言葉のチョイスが良い国語科の高岡。
いったい何年大学にいるのか、もはやマップレスの老害と化している鎌田。
嘘ウソ。
シリアスもコメディも両方こなす、皆の指標となって引っ張ってくれる大先輩、鎌田さん。

この3人の組み合わせ。そりゃあ面白いですよ(個人的意見)。
今回は一人10分程度のお芝居を書き、3本組み合わせてのオムニバス公演です。
なので公演時間は30分程度となっています。

今回は、ポスター等は作りません。
ツイッターとHPでの宣伝になります。
気軽に観に来ていただけたらと思います。

ちなみに私加川は照明スタッフとして参加しています。
みちのくホールでの照明、しかもこの3人の芝居の照明ということで。腕が鳴りますね。
後輩のなっちゃん(山田なつほちゃん)と一緒にやります!楽しみ!


ということで、これからもネットでの宣伝をバンバン進めていきます。
短い稽古期間ですが、精一杯楽しみます^^
ではでは!
スポンサーサイト
2015-04-16

明日なんですね!!!

more...

2015-04-02

『そのショータイムこそ、人生!』に寄せて

皆さんご無沙汰しております。劇研マップレス専属劇団員のカマタと申します。
この度、劇団プランクスターさんの公演で脚本・演出をやらせて頂くことになりました!



the_practice_room

【あらすじ】
舞台は架空の田舎町、平逆(ひらさか)市。ここを活動拠点とする『劇団ヒラサカボーイズ』は、新作として、一年前の市長選挙で起きた選挙違反事件を題材にした舞台を上演すべく稽古に励んでいた。そんな最中、市長とその後援会長が、劇の上演を中止にしろとの圧力をかけにやってきて……



詳細は以上です。
稽古等の詳細は劇団プランクスターさんのtwitterアカウント(@tubuyakiprank)をご覧ください。
さて、『そのショータイムこそ、人生!』ですが、
私の作品としては『絶筆~LAST MUSIC(2013)』以来、1年半ぶりの新作となります。
『絶筆~』は作曲家・瀧廉太郎の最期を描いた、比較的シリアスな要素がたくさん盛り込まれていたかと思います。
今回はそのようなシリアス劇から一変し、コメディ要素の強いウェルメイドプレイを目指してみました。
私が以前、脚本・演出を手掛けた作品の中に『その場しのぎのひと時を(2012)』というものがありましたが、
それも劇団プランクスター新歓公演としてやらせて頂いた作品です。
3年前、90分程度の長編としては初めての作品だったので、私は右も左もわからず
当時の後輩たちに頼りっぱなしでした。未だに彼らへの感謝の気持ちは消えません。
そんなご支援の中、無事に公演を終え、沢山の新入生を迎えることが出来ました。
今回ふたたび新歓公演を手掛ける立場になり、懐かしい思いもあれば、当然不安もあります。
『その場しのぎ~』以降、私個人にも劇団にも様々なことがありました。
公演の成功やメンバーの増加、さらにお客様からの暖かい声援をたくさん頂くなど、ポジティブな事もありましたが、
辛くて苦いネガティブな出来事も当然のようにありました。
なので決して慢心せず、むしろ3年前の『その場しのぎ~』へ原点回帰するつもりで
初心を忘れることなく、残りわずかな稽古に臨んでいきたいと考えてます。


それでは、
劇団プランクスター第23回公演
そのショータイムこそ、人生!

新歓公演ではありますが学生に限らず、一般のお客様も是非ご来場ください。
たくさんのご来場をお待ちしております!
2015-02-19

『明日の行方』公演宣伝

どうもこんにちは、加川です。
12月はプランクスターさんとの合同公演『こわれやすい季節』にたくさんのご来場誠にありがとうございました!
そして時は流れて2月…。別れの季節ですね。
今回はプランクスターの卒業公演の宣伝をしにやってまいりました。


劇団プランクスター卒業公演
「明日の行方」
作・演出:工藤 翔馬

 
○出演
高橋 竜之介
水上 美紀
向屋敷 萌
足立 真彌
對馬 杏吏
牧野 彩

○日時
2015年2月21日(土)
開演
第一公演13時~
第二公演16時~
各回30分前開場

○会場 
スペースデネガ ギャラリー

○チケット 
学生500円/一般1000円(当日200円増)

○チケット取り扱い
弘前大学生協シェリア・フェリオ
デネガ企画
中三デパート弘前店
メディアイン城東



です!
今週の土曜日なんですねー。
私、加川は参加していないので、一足お先に通し稽古を見させてもらいに昨日行ってきました。
以下はネタバレにならない程度の私の感想です。



お話は、私はすごく好きというか、キュンキュンくるというか(笑)
でも甘く可愛いだけじゃなく、落とすところは落とすというか。
なんだろう、すごく凝ってるなと思いました。(全然うまく言えない)
観たあと「あぁ、あのシーンはこういうことか」みたいな、伏線ともまた違うんですけど、そういう回収みたいなのするのが個人的にすごく好きで、今回観終わった後結構考えてました(笑)

私は卒業する4年の先輩方に本当にお世話になっていて、まだプランクにいたときからいろいろと良くしていただいていました。
マップレスでの企画や、去年のitsumoにも参加していただいたり、感謝してもしきれないくらいですね。
私が先輩方をお芝居に誘っていたのは、先輩方の人柄が好きというのもあるんですが、
やっぱり先輩方の演技がすごく好きだからなんですよね。
昨日稽古を見に行って「やっぱりこの人たちすごいなあ」って改めて思いました。
今回の『明日の行方』は、先輩方のいいところが前面に出てる気がします。
それを引き出すショーマ君もすげぇよ…(笑)


個人的には、そんな先輩方の最後のお芝居、たくさんの方に観ていただきたいです。
もう言葉じゃいいところなんて書き表せれないよ!
なんて、脚本書く人間がボキャ貧とかダメですね(笑)

昨日の通しでは90分程度の長さでした。
日頃お疲れの皆様もお芝居大好きな皆様も
土曜日、日常への刺激の一つとしてお芝居を観に行きませんか?
一後輩として、卒業公演へのご来場お待ちしております^^
2014-12-03

こわれやすい季節

お疲れ様です、加川です。
ついに!雪が降ってしまいましたね!
これから積もっていくのかと思うと若干憂鬱です…。


さて、前回少しお知らせした次回公演『こわれやすい季節』の情報です!


劇団プランクスター×劇研マップレス合同公演
『こわれやすい季節』
脚本・演出 足立真彌

【キャスト】
 工藤翔馬
 太田絢子
 飯山智恵美
 小笠原健人
 前野億斗
 加川絵理
 東ひばり
 高岡秀伍
 鎌田龍
 足立真彌
 北條航成

 【スタッフ】
 助演出:鈴木漠
 音響:八木大地
 照明:山田なつほ
 舞台監督:中津川裕斗
 大道具:渡邊慶太郎、菅原千絵美
 小道具:對馬杏吏、牧野彩
 衣装:工藤翔馬
 宣伝美術:佐藤美香
 制作:鎌田龍、加川絵理

【日時】
 2014年12月18日(木)、19日(金)
 開演:18時30分(15分前開場)

【会場】
 弘前大学大学会館3F 大集会室

【チケット料金】
 無料(全席自由)



いつも青文字だからたまにはと思って色変えましたが、
目チカチカしませんかね…?

公演情報やっと決定いたしました!
いろいろ解禁です。
公演情報にはもう載っていたんですけど。


全席無料です!
今回は、新しくなった学館での初公演です。
学館なつかしいですね。

雪にも負けず!夜遅くまで稽古していきますよー!
皆さまのご来場お待ちしております^^
プロフィール

劇研マップレス

Author:劇研マップレス
劇研マップレスメンバーによる徒然日記。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。