FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-02

『そのショータイムこそ、人生!』に寄せて

皆さんご無沙汰しております。劇研マップレス専属劇団員のカマタと申します。
この度、劇団プランクスターさんの公演で脚本・演出をやらせて頂くことになりました!



the_practice_room

【あらすじ】
舞台は架空の田舎町、平逆(ひらさか)市。ここを活動拠点とする『劇団ヒラサカボーイズ』は、新作として、一年前の市長選挙で起きた選挙違反事件を題材にした舞台を上演すべく稽古に励んでいた。そんな最中、市長とその後援会長が、劇の上演を中止にしろとの圧力をかけにやってきて……



詳細は以上です。
稽古等の詳細は劇団プランクスターさんのtwitterアカウント(@tubuyakiprank)をご覧ください。
さて、『そのショータイムこそ、人生!』ですが、
私の作品としては『絶筆~LAST MUSIC(2013)』以来、1年半ぶりの新作となります。
『絶筆~』は作曲家・瀧廉太郎の最期を描いた、比較的シリアスな要素がたくさん盛り込まれていたかと思います。
今回はそのようなシリアス劇から一変し、コメディ要素の強いウェルメイドプレイを目指してみました。
私が以前、脚本・演出を手掛けた作品の中に『その場しのぎのひと時を(2012)』というものがありましたが、
それも劇団プランクスター新歓公演としてやらせて頂いた作品です。
3年前、90分程度の長編としては初めての作品だったので、私は右も左もわからず
当時の後輩たちに頼りっぱなしでした。未だに彼らへの感謝の気持ちは消えません。
そんなご支援の中、無事に公演を終え、沢山の新入生を迎えることが出来ました。
今回ふたたび新歓公演を手掛ける立場になり、懐かしい思いもあれば、当然不安もあります。
『その場しのぎ~』以降、私個人にも劇団にも様々なことがありました。
公演の成功やメンバーの増加、さらにお客様からの暖かい声援をたくさん頂くなど、ポジティブな事もありましたが、
辛くて苦いネガティブな出来事も当然のようにありました。
なので決して慢心せず、むしろ3年前の『その場しのぎ~』へ原点回帰するつもりで
初心を忘れることなく、残りわずかな稽古に臨んでいきたいと考えてます。


それでは、
劇団プランクスター第23回公演
そのショータイムこそ、人生!

新歓公演ではありますが学生に限らず、一般のお客様も是非ご来場ください。
たくさんのご来場をお待ちしております!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

劇研マップレス

Author:劇研マップレス
劇研マップレスメンバーによる徒然日記。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。